スポーツ

    no title

    1: 名無しさん 2018/02/14(水) 20:35:45.96 ID:CAP_USER9
    2月になって、プロ野球の各球団は一斉に春季キャンプをスタートさせた。
    ペナントレースの開幕とともに、野球ファンが「いよいよ今年も野球のシーズンがやって来たな」と感じさせるトピックである。

    中国メディア・今日頭条は10日、「どうして日本人はこんなに野球が好きなのか 日本人の武士道精神と関係があった」
    とする記事を掲載した。

    記事は、「ドラえもんを見ていると、のび太はいつもジャイアンやスネ夫に呼ばれて野球をやっている。
    どうして日本の男の子はこれほどまでに野球が好きなのか。

    野球は集団性、対抗性が強い9人で行う球技。バット、ボール、グローブを用い、攻守を交代しながら得点を競い合う。
    米国、日本で特に人気があり、日本では中国の卓球に相当するような地位を獲得している。
    世界の競技人口は7番目の多さでトップ3には入っていないが、
    日本人の好きなスポーツランキングではサッカーやテニスを抑えて長年1位を保っている。
    世界的には人気があるわけではないのに、どうして日本人は野球に深い思い入れを持っているのだろうか」とした。

    その答えについて記事は、「平和な時代、武士たちは自らの剣術を高めることを競い合ってきた。
    野球も剣術同様、基本的に一対一の形式で訓練し技術を高めていく。
    明治時代に入って西洋のスポーツが日本に入ると、
    武士の文化が色濃く残っていた日本人は自然と野球に対して熱意を持つようになった」と論じている。
    そして、「武士道精神の土壌があったからこそ、野球は日本に根ざして普及し、非常に人気の高いスポーツになったのだ」と結論づけた。

    野球は1チーム9人で行うスポーツであり、チームとしての作戦や選手間の連携、内野外野の守備、走塁といった要素も大切なのだが、
    やはり、クローズアップされるのはピッチャーとバッターによる1対1の勝負だ。
    サッカーなどにも1対1のマッチアップはあるが瞬間的なもの。
    この点は野球ならではの特徴と言えるし、戦乱の世に日本でしばしば繰り広げら
    れた「一騎打ち」に通じるものがあるという見方もできそうだ。

    野球においてしばしば「倒れる」、「切って取る」、「憤死」という日本語表現を用いるということを知れば、
    作者はなおのこと日本の野球に「サムライ」を感じるかもしれない。

    http://news.searchina.net/id/1653417?page=1

    参照元:2ch.sc

    【どうして日本人はこれほどまでに野球が好きなのか・・・中国紙考察 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/02/13(火) 17:45:02.60 ID:CAP_USER9
    平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される

    ソース:ゴゴ通信 2018/02/13 13:59:17

    【簡単に説明すると】

    ・平昌五輪で集団ノロウィルス感染
    ・原因は調理に使われた地下水と推定される
    ・大腸菌も検出される

    no title


    平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。

    2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会社の集団ノロウイルス感染の疫学調査の結果、集団発生の原因と修練院団体の食事と思われる調理用の水が汚染されている可能性があることが明らかになった。

    疾病管理本部は、修練院利用者1014人のうち94人がノロウイルスに感染された中、食事を食べた人と食べて居ない人を比較するとノロウイルス発生のリスクが6.5倍高く、食事だけして帰った人の中でも感染している人がいることが判明し、感染経路は食事に使われた水だと確定した。

    特に調理用の水からは大便物質などによる汚染から生じる大腸菌が検出された点から見て調理用の水が汚染されていた。

    疾病管理本部の関係者は、「問題がある地下水を調理用の水使用する過程で、食事が汚染されて集団感染が起きたと推定される」と述べた。

    地下水が何故ここまで汚染されていたのか? パイプに亀裂が生じて下水道と混入してしまったのか、それとも配管ミスか不明であるが地下水が汚染されていたのは事実でそれを多くの人が食べていたという。

    http://gogotsu.com/archives/37228

    参照元:2ch.sc

    【【平昌五輪】ノロ騒動 調理用の水が大便物質で汚染されていた 汚染された地下水で食事を作ったのが原因 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/02/13(火) 18:20:04.60 ID:CAP_USER9
    海外メディアは斎藤ドーピング問題を厳しく断罪「大きな恥」「日本の汚点」
    2/13(火) 18:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000003-wordleafs-spo
    no title

    斎藤の ドーピング問題でJOCが緊急会見も海外メディアは厳しく叩いた(写真・長田洋平/アフロスポーツ)

    スピードスケートのショートトラック男子日本代表の斎藤慧(21、神奈川大)が平昌五輪のドーピング検査で陽性反応を示して暫定資格停止処分となった“事件”を海外メディアはいずれもトップ級で扱い報道した。
    ドーピング問題で、ロシアが国としての参加が認められないなど、禁止薬物の使用問題がクローズアップされていた五輪だっただけに、
    五輪第一号となるドーピング発覚は、世界に衝撃を与え、同時に東京五輪へ向けて日本は、これまで築きあげてきた信用を失う形になった。

     USAトゥデイ紙は「日本人スピードスケーターの斎藤慧、ドーピングテストで陽性」と大々的に報じた。
    同記事は、陽性反応の出た禁止薬物はアセタゾラミドで、この薬物はほかの禁止薬物の検出を避けるためのマスキング剤として使われ利尿剤としての効用があることを説明。
    斎藤が、2月4日の練習後、江陵の選手村で寝る準備をしていた際にテストを受けたこと、斎藤は、暫定的出場停止を受け入れ選手村を離れたが、禁止薬物使用を強く否定し「潔白のために戦う」と表明していることを伝えた。

     だが、同記事は「この発覚は2020年に夏季五輪を東京で開催し、長年にわたりクリーンなイメージを誇ってきた日本のスポーツ界にとって大きな恥となる」と、厳しく批判した。

    英国のエクスプレス紙は、「日本のスピードスケート選手が薬物テストにしくじり即座に出場停止」との見出しで報じた。
    記事は、「これは今回の五輪の薬物テストで最初のドーピング陽性反応で、東京が2020年の夏季五輪開催を準備する中で起きた」と、東京五輪と関連づけた上で、「日本人選手のドーピング陽性反応は滅多になく、冬季競技では初。
    だが、先月はカヌー選手の鈴木康大が五輪の夢を急ぐあまり筋肉増強剤をライバル選手の飲み物に混入したことが発覚し8年の資格停止処分を受けている」
    と、先日、起きたカヌーの鈴木康大がライバルの小松正治の飲料水のボトルに禁止薬物の筋肉増強剤を混入させた事件を引き合いに出した。

    CBSスポーツもまた今回のドーピング違反を報じる記事の中で、「斎藤は冬季五輪の日本選手で初めてのドーピング処分を受けることになった。
    だが、日本で、選手たちのこういう事件がメディアを騒がすのは初めてではない」と、カヌーの不祥事を紹介している。

    >>2以降へ続く

    参照元:2ch.sc

    【海外メディアは斎藤ドーピング問題を厳しく断罪「大きな恥」「日本の汚点」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/02/12(月) 18:07:35.75 ID:CAP_USER9
     平昌冬季五輪のフィギュア団体女子フリーで、日本人を両親に持つ長洲未来(米国)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。五輪の女子で伊藤みどり、浅田真央に次ぐ史上3人目の快挙となるが、米国内ではその演技以上に長洲の「太もも」に視線が集まった。

     五輪をテレビ観戦していた視聴者が、次々にSNSに書き込んだ。

     「長洲は太ももに『USA』のタトゥー(入れ墨)をしているのか?」「内ももにあるのは青あざ? タトゥー?」「長洲の太ももに『USA』のロゴ? タトゥーだろ」…。

     演技中、長洲の右太ももの内側にちらついた「USA」の文字に関する質問が拡散された。

     米紙ワシントン・ポスト(電子版)によると、この「ミステリー」の正体は「キネシオロジーテープ」。関節などを固定する従来のテーピングとは異なり、筋肉や関節、靱帯(じんたい)などを保護・サポートする目的で開発されたスポーツテープだ。

     米国選手団にそのテープを提供しているメーカーが、SNS上の質問に「彼女(長洲)は痛みを解消し、サポートするためのテープを貼っている。米国選手団に『USA』と入ったテープを提供している」「タトゥーだと思っていた人にはがっかりしてほしくないが、未来はわれわれのキネシオロジーテープを貼っていた」と回答し、疑問は解消された。

     この会社のキネシオロジーテープは、今年1月に行われた米プロフットボールNFLのアメリカン・カンファレンス(AFC)決勝で、ペイトリオッツのスターQBトム・ブレイディが、痛めていた右手を保護するために使用したことで注目を浴びた。

     実はこのテープ、本来の用途以外にも意外な使用法がある。ときには氷点下10度を下回る寒さが大問題になっている平昌五輪では、アルペンスキー選手が顔面に貼っている。

     ワシントン・ポスト紙(電子版)には、「USA」と書かれたテープで頬と鼻を覆うテッド・リゲティ(米国)の写真が掲載されている。あるスロバキア選手は米紙ニューヨーク・タイムズに対し、「平昌の寒さはアルペン選手にとって深刻だ。凍傷にならないように顔面を守った方がいい」とこぼしている。

     米国選手団にテープを提供しているメーカーはSNS上で「関心があったらこちらへ」とホームページを紹介。長洲の「太もも」は同メーカーにとって効果抜群の広告となった。(五輪速報班)


    2018.2.12 17:25
    http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180212/pye1802120055-n1.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    参照元:2ch.sc

    【【平昌五輪】宣伝効果抜群、フィギュア長洲未来の「太もも」 SNSに疑問の声続々 】の続きを読む

    no title

    1: 名無しさん 2018/02/12(月) 06:16:05.82 ID:c+I2owos0 BE:468394346-PLT(15000)
    平昌五輪で金メダルを目指すフィギュアスケート男子の羽生結弦(23)=ANA=は、韓国でも
    女性の追っかけがいるほど人気だ。11日、羽生がカナダ・トロントから
    入国した仁川国際空港ターミナルには韓国人ファンを中心に日本人、
    中国人など約150人が待ち構え、声援を送った。
    なぜ日本人アスリートが韓国でこんなに人気があるのだろうか。
    彼女たちと一緒に「ユヅ待ち」しながら取材した。

     羽生がさっそうと通り過ぎ、騒然となった仁川空港。一瞬、
    目が合った感激を「ちょーやばかったです!」と興奮気味に話すのは、日本人ではなく韓国人女性だ。

     ソウル在住で飲食店勤務の姜(カン)ソミさん(24)は、
    1週間かけてイラスト入りの応援幕を作って到着の4時間前から
    待ち構えた。もちろん、羽生が大好きな「くまのプーさん」のぬいぐるみも持参。
    「『再び韓国へようこそ。ユヅ君、頑張ってください』と声をかけたら、
    こちらを見て、うなずいてくれたんですぅー」と声を弾ませた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000233-sph-spo

    参照元:2ch.sc

    【【韓国】羽生結弦、親日女子に囲まれる 】の続きを読む

    このページのトップヘ