海外

    1: 名無しさん 2018/08/31(金) 18:41:59.96 ID:CAP_USER9
     【パリAFP時事】フランスを代表する俳優ジェラール・ドパルデュー氏(69)が20代の女優に対して性的暴行を加えた疑いが浮上し、パリの検察当局が予備捜査を始めた。

     ドパルデュー氏の弁護士は30日、「いかなる暴行も絶対にしていない」と否定した。

     地元紙によると、女優はリハーサルの現場とドパルデュー氏の自宅で7、13両日に暴行されたと主張している。司法筋によれば、女優は27日に被害を告発したという。 


    8/31(金) 6:25配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000015-jij-eurp

    ■仏大物俳優ドパルデュー氏、若手女優に対する性的暴行疑惑を全面否定

    【8月31日 AFP】国際的に著名なフランスの俳優ジェラール・ドパルデュー(Gerard Depardieu)氏(69)に対して若手女優がレイプと性的暴行の被害を訴え、検察当局が捜査を開始したと報じられ、同氏は30日、容疑を否定した。

     報道によると、パリ検察がドパルデュー氏の「レイプおよび性的暴行」容疑について予備捜査を開始した。これに対し同氏の弁護士エルベ・テミム(Herve Temime)氏は、ドパルデュー氏は「いかなる攻撃、レイプも完全に否定している」と言明した。

     司法筋によると27日、フランス南部プロバンス(Provence)で訴えが出されたことを受け、捜査が開始されたという。

     仏紙パリジャン(Parisian)によると、被害を訴えたのは「20代の若手女優兼ダンサー」。今月7日と13日に、芝居のリハーサルの待機中とドパルデュー氏の自宅において性的暴行を受けたと訴えているという。

     米ハリウッド(Hollywood)の大物プロデューサーだったハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)被告のレイプや性的暴行疑惑をきっかけに、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)告発運動「#MeToo(私も)」が広がり、各界で影響力のある数々の男性が告発されている。(c)AFP/Benjamin LEGENDRE, Béatrice LE BOHEC

    http://www.afpbb.com/articles/-/3187917?act=all
    no title

    参照元:2ch.sc

    【フランスを代表する俳優ジェラール・ドパルデュー氏に性的暴行疑惑=本人否定も検察が捜査―パリ 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/08/27(月) 11:24:25.33 ID:CAP_USER9
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808270000183.html
    2018年8月27日8時39分

    米女優ユマ・サーマン(48)の長女マヤ・ホーク(20)が、クエンティン・タランティーノ監督の新作映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に出演していることが明らかになった。

    同作は俳優レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが共演することで話題の作品で、1969年にロサンゼルスを舞台にハリウッドで実際に起きたカルト集団の教祖チャールズ・マンソンによる女優シャロン・テート殺害事件を題材にしたもの。サーマンと元夫の俳優イーサン・ホークスとの間に生まれたマヤの役どころなど詳細は明らかにされていない。

    サーマンはタランティーノ監督の代表作「キル・ビル」や「パルプフィクション」に出演し、私生活での仲の良さも有名だったが、映画「キル・ビル Vol2」(04年)の撮影中に苦手な車の運転を強制的にやらされ、事故を起こして大けがをしたと今年2月に告白して世間を驚かせた。その後は「25年も付き合ってきた人を嫌いになるわけではない。許す能力はある」と語り、依然として親交が深いことを明かしていたが、娘の起用は大きなサプライズとして伝えられている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

    no title

    no title

    no title

    参照元:2ch.sc

    【ユマ・サーマン娘が「キル・ビル」監督の新作に出演 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/08/27(月) 07:12:37.09 ID:t0DEn+9E0
    マッキー(牧原静夫)
    @akumu_makky
    女友達がイタリア旅行した話。
    そこまで可愛くないのにナンパの嵐。

    カフェでイタリアの伊達男が女友達の背中を見て
    「あれ、羽は? 空から落ちてきた天使だよね?」

    街中で爺ちゃんにいきなり花を貰い
    「またイタリアに来ておくれ、バンビーナ」

    女友達、帰国して一言
    「日本の男はあかんわ」
    午前10:46 · 2018年8月25日
    54,195件のリツイート 189,689件のいいね


    済州島みかん 🍊
    @99mina_jeju

    これは「キャットコーリング」と呼ばれる欧米型の痴漢行為です。日本人女性は痴漢だと知らずに喜ぶので、欧米の痴漢男たちの格好の標的。

    仏国では最近この行為を規制する法律が成立しましたし、NY在住の女性が路上で声をかけてきた痴漢全員の写真をネットに晒す抗議活動をして称賛されていました。
    2,405件のリツイート 2,042件のいいね
    no title

    参照元:2ch.sc

    【女「イタリアでナンパされた私w」→「欧米では痴漢行為、ありがたがっているのはジャップだけ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/08/25(土) 06:32:52.88 ID:W6KLEDpB0 BE:323057825-PLT(12000)

    身体に可燃性液体をかけ、ライターを使って火をつけるという「ファイアー・チャレンジ」で、
    12歳の少女が身体の約50%に火傷を負った。
    火傷が70%に及ぶとほぼ助からないと言われているが、少女の治療は長期に及ぶようだ。
    『Inside Edition』『FOX 2 Detroit News』などが伝えている。

    今月17日、米ミシガン州のタマイヤ・ランダースちゃん(12)は約4年前から
    YouTubeで流行している「ファイアー・チャレンジ」に挑戦した。
    タマイヤちゃんは自宅に来た友達2人と軽い食事をして遊んでいたというが、
    SNSにアップされているチャレンジ動画を見て「面白そうだからやってみよう」と軽い気持ちで火をつけたようだ。

    母親のオーウェンスさんは、当時のことを次のように語っている。

    「2階で婚約者と一緒にくつろいでいると、『ポン!』と大きな音が聞こえました。
    その直後、大声で『助けてー』と叫ぶタマイヤの声がしたのです。
    すると火だるまになった娘が私たちの寝室を通り越し、バスルームに走っていくのが見えました。
    私もパニックになってタマイヤの燃えている洋服を引き剥がし、シャワーで水をかけて火を消しました。」

    「タマイヤは自分に火をつける前にシャワーを浴びており、可燃性スプレーやローションを身体に塗っていました。
    そのせいで火があっという間に広がったようです。気が付いた時には私も手に火傷を負っていました。」

    身体の49%に2度~3度の火傷を負ったタマイヤちゃんは現在、
    小児病院で人工呼吸器につながれている。
    その身体は包帯で覆われ、今は言葉を発することもできない。

    【海外発!Breaking News】“ファイアー・チャレンジ”で大火傷の12歳「動画を見て面白そうだったから」(米)
    http://japan.techinsight.jp/2018/08/ac10140824.html
    no title

    参照元:2ch.sc

    【YouTubeで大流行している「ファイアーチャレンジ」を真似した12歳女児が全身大火傷 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/08/16(木) 10:29:17.96 ID:qwtY6gQQ0● BE:842343564-2BP(2000)

    欧米人が注目する日本の「生き甲斐(IKIGAI)」という概念
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00010000-womensh-life

    「あなたの生き甲斐は?」と聞かれたら、すんなり答えられるだろうか。確かに「生き甲斐」は日本語だけど、日本人が毎日「生き甲斐」という概念を意識しているかといえばどうだろう。 そんな中、この「生き甲斐」という概念はいつの間にか海を渡り、どうやらマインドフルな欧米人たちの間でブームを巻き起こしているよう。
    彼らの目に映る「生き甲斐」、そしてその見いだし方をUS版ウィメンズヘルスのアンナが解説。
    【ウィメンズヘルス・ウェルネス】

    「5年前のあなたの人生について聞かせて」と言われたら、私は「意欲的で、満ち足りていて、楽しい人生を送っていた」と話すと思う。
    当時私は30歳だった。仕事も楽しかったし、仕事以外に小説家という肩書きも持っていた。マラソンに向けてトレーニングをして、チャリティ活動を行い、週3回くらいのペースでデートにも出掛けていた。
    時間が余れば、ヨガのレッスンを受けたり、講義を受けたり、読書をしたり…頭脳派になるために、もっと素早くなるために、そしてもっと素敵な人になるためなら何でもした。

    でも時に、一体私はどこに向かっているんだろう、なんて気持ちがよぎった。達成感の裏にはストレスもあったし、身体だって疲れきっていた。
    何よりも、何かが物足りない気がした。最近になって、ようやくその「物足りなさ」が、日本人の言う「生き甲斐」であることに気づいた。
    ざっくり「生きる意味」を指すのがこの「生き甲斐」という言葉。それはつまり、毎朝目覚めた時に生きる動機となるもの。 「Ikigai: The Japanese Secret to a Long and Happy Life (生き甲斐:日本人が見出した長生きと幸せにおける秘密)」の共同著者であるヘクター・ガルシアは、それを「満ち足りた状態で毎日を生きること」だと描写している。
    no title

    参照元:2ch.sc

    【外人「ワッツ?ウマミ?モッタイナイ?イキガイ?」外人には生き甲斐という概念が無い事が判明! 】の続きを読む

    このページのトップヘ