2018年09月

    1: 名無しさん 2018/09/24(月) 11:09:32.72 0
     先月、帰りの成田エクスプレスの車内から10日ぶりに東京の街を眺めて、私は思った。
    「東京はきっと世界一見苦しい街だ!」と。ほかの世界都市から戻ってくるたびに、そうした都市と比べて東京は野蛮で無節操で味気ない感じがする。

     今回はローマから戻ったのだが、何も東京がいきなりローマみたいな街になって、完璧な町並みに噴水やカフェテラスがあるなんて期待していたわけじゃない。
    それでもごちゃ混ぜに立っているビルを見たら、座席に身を沈めて、東京がルネサンス期に大理石で造られていたら、などと想像してしまった。
    時差ボケでぼんやりしたまま、東京にもミケランジェロのような人物がいたらよかったのにと考えた。

     例えば東京には街を一望できる場所がない。ローマのような立派な広場もなければ、パリのようなロマンチックな橋もない。
    ニューヨークやロンドンでは、周囲を見回して「いい眺めだ!」と言えるけれど、東京で同じ気分を味わうにはスカイツリーにでも登るしかない。
    ひょっとしたら、あの長い行列はそのせいかも。東京を見るためじゃなく見ないためだ。あの高さからなら、どんな都市でもアラが見えないだろうから。

     東京には「こっちを見て」とアピールしている町並みはほとんどない。「見るな」という町並みだらけだ。
    https://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2013/04/post-662.php
    no title

    参照元:2ch.sc

    【【悲報】米国人コラムニスト「野蛮で無節操で味気ない東京は世界一見苦しい街!」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/09/24(月) 01:57:58.35 ID:CAP_USER9
    本当は死ぬはずだったにもかかわらず、脚本の変更やカリスマ的な俳優の演技、ファンの嘆願などにより生き残った映画のキャラクターはたくさんいます。 
     
    今回、そんなラッキーな映画キャラクターたちを紹介しましょう。

    ■ イアン・マルコム博士(『ジュラシック・パーク』)

    マイケル・クライトンによる原作では、この素晴らしい博士は最後に死ぬことになっていました。ですが、ジェフ・ゴールドブラムが映画でマルコム博士を演じると、クライトンは「コスタリカでの手術で一命をとりとめた」という設定を加えて彼を生き延びさせ、続編の小説や映画の主人公にしたのです。博士の名言のように、「Life finds a way(生命は道を見つける)」というわけですね。そのセリフの説得力を高めるためだったのでしょうか…。

    ■フィル・コールソン捜査官(『アベンジャーズ』)

    コールソンはもともと、ロキ(マイティ・ソーの弟)の手で永遠に葬り去られる予定でした(監督のジョス・ウェドンもそう語っています)。ですが、クラーク・グレッグ演じるコールソンは、マーベルのスピンオフTVシリーズ『エージェント・オブ・シールド』の主人公として完全な復活を遂げました。

    ■ポー・ダメロン(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)

    ポー・ダメロンがジャクーに墜落したとき、多くの人は死んだと思ったのではないでしょうか。実際、彼はここで死ぬ予定だったのです。演じたオスカー・アイザックはこの設定に納得がいかず、J・J・エイブラムス監督に直談判してポーは生き残ることになりました。

    ■マーティン・リッグス(『リーサル・ウェポン2/炎の約束』)

    「getting too old for this shit(これをやるには歳を取りすぎた)」の台詞が有名なのはロジャー・マータフ(ダニー・グローヴァー)ですが、『リーサル・ウェポン2/炎の約束』で死ぬことになっていたのはマーティン・リッグス(メル・ギブソン)の方でした。人気シリーズとこのコンビのさらなる継続を望んだスタジオはリッグスが死ぬ設定を変え、このことで脚本家のシェーン・ブラックはシリーズを去ることになりました。

    ■ ランボー(『ランボー』)

    ディヴィッド・マレルの原作小説では、このベトナム帰還兵は特殊部隊の上官であるサミュエル・トラウトマン大佐(リチャード・クレンナ)の手で殺される予定でした。そして、この死のシーンも撮影済みでしたが、スタローンがこのキャラクターを主役にしたシリーズの可能性を見出し、生き延びたというわけです。

    ■ ハン・ソロ(『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』)

    『ジェダイの帰還』の脚本を書いたローレンス・カスダンは、同作の中でハン・ソロを殺そうと考えていたそうです。ですが、ジョージ・ルーカス監督はソロの死がおもちゃの売上低下につながると懸念し、「薄汚いナーフ飼い」は生き延びることになりました。

    ■マット・フーパー(『ジョーズ』)

    ピーター・ベンチリーの原作では、フーパーは特製の檻に入って海中に沈み、ジョーズに食べられる設定になっていました。リチャード・ドレイファスが演じたフーパーは、原作よりも好ましい人物像で描かれていました…その流れで、なんとか死の運命を逃れることになったようです。

    ■ダンテ・ヒックス(『クラークス』)

    ケヴィン・スミス監督の画期的なコメディ映画で主人公のダンテ・ヒックスは、強盗に撃たれて命を落とすという暗い結末を迎えるはずでした。ですが。この映画の製作に携わったボブ・ホークとジョン・ピアソンは、より明るい雰囲気で終わらせたくなり、スミスに対し説得を行ったようです。

    ■ロッキー・バルボア(『ロッキー5/最後のドラマ』)

    『ロッキー5/最後のドラマ』は、このキャラクターが登場する最後の作品になる予定でした。つまり、死ぬ設定になっていたのです。ですが、監督のジョン・G・アヴィルドセンは製作会社のトップから、「バットマンは死なないし、スーパーマン、ジェームズ・ボンドのようなキャラクターは死なないものなのだ」という電話を受け、脚本が変更されたと言います。ロッキー・バルボアが生き延びて『クリード チャンプを継ぐ男』が製作し公開できたのは、彼のおかげですね。

    ■ウィル・ロッドマン博士『猿の惑星:創世記』

    ジェームズ・フランコが演じたロッドマン博士はもともと、猿のシーザーの腕の中で死ぬ予定になっていました。が、この結末はよりほろ苦いシーンに替えられました。このときには死ななかったロッドマン博士ですが、続編『猿の惑星:新世紀』には登場しませんでした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180923-00010011-esquire-life&p=3
    no title
    no title

    2: 名無しさん 2018/09/24(月) 01:58:18.98 ID:CAP_USER9
    ■ ザンダー・ケイジ(『トリプルX ネクスト・レベル』)

    ザンダー役のヴィン・ディーゼルが降板したことで、プロデューサー陣はこの第2作でアイス・キューブを新たな主役に抜擢しました。また、ディーゼルのスタントマン演じるザンダーが爆発に巻き込まれて死ぬ、「The Death of Xander Cage(ザンダー・ケイジの死)」というDVD特典映像も製作しています。シリーズ第3作目『トリプルX:再起動』で、ザンダーが帰ってきた今となっては決まりが悪い話となりましたが...。

    ■ハッピー・ホーガン(『アイアンマン3』)

    『アイアンマン3』の絵コンテでは、主人公トニー・スターク(ロバート・ダウニー Jr.)の親友ハッピー(ジョン・ファブロー)はハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターでの戦闘で死ぬことになっていました。ですが、この部分は変更されたのでした。なぜでしょう? これはちょっと情報不足で…すみません。

    ■デューイ保安官(『スクリーム』)

    ウェス・クレイヴン(『鮮血の美学』、『サランドラ』、『エルム街の悪夢』)については、出演者を躊躇なく殺す監督というイメージがあるかもしれません。ですが、デヴィッド・アークエット演じるところのデューイ保安官は、本当に好ましい人物であったのです。そのため、クレイヴンは彼が死ぬバージョンと生き残るバージョンという2つのエンディングを制作したのでした…。そして、試写会の観客が後者を支持したため、生き延びることになったのです。

    ■クラレンス・ウォリー(『トゥルー・ロマンス』)

    『トゥルー・ロマンス』の脚本を務めたのはクエンティン・タランティーノでしたから、ハッピーエンドで終わる予定ではありませんでした。ですが、トニー・スコット監督が主役のクラレンス(クリスチャン・スレイター)とアラバマ(パトリシア・アークエット)に惚れ込み、2人はハッピーに生き残ることとなったわけです。

    ■ケイティ(『パラノーマル・アクティビティ』)

    ケイティ(ケイティー・フェザーストン)はもともと、ミカ(ミカ・スロート)を殺したことで警察に撃ち殺されることになっていました。ですが、パラマウント・ピクチャーズはこの映画の版権を購入したとき、ケイティが生き延びて脱出するバージョンと、彼女が自らの喉をナイフで切るバージョンの2種類のエンディングを新たに制作しました。このうち、後者が選ばれたというわけです。

    ■エレン・リプリー(『エイリアン』)

    ノストロモ号でたった1人生き残った乗組員となったリプリー(シガニー・ウィーバー)が、映画の最後で行った印象的な通信のシーンを覚えていますか? 実はもともとのエンディングではエイリアンが彼女の頭を食いちぎり、その音声をフライトレコーダーに入れることになっていたのです。

    参照元:2ch.sc

    【【映画】 本当は死ぬはずだった映画キャラクター16選 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/09/24(月) 00:38:34.94 ID:CAP_USER9
    酒気帯び運転とひき逃げで逮捕された、タレントで元モーニング娘。の吉澤ひとみ容疑者(33)。9月26日に勾留期限を迎えます。

     民放報道局の社会部記者は、

    「証拠隠滅の恐れもなく、逃亡の恐れもなく、これ以上、勾留する理由がない。(起訴後に)吉澤サイドが保釈申請すれば認められるはず」

     と見通します。皮肉な見方をすれば、これまでは吉澤の身柄は国家権力によって守られていました。保釈となれば、吉澤を守るのは所属事務所になりますが……。

    対応に頭を抱える事務所
    「これが、まだ腹が決まっていないというか、シナリオが練られていないというか。これまでスキャンダル対応はしてきた所属事務所ですが、刑事事件に対処したことはなかった。しかも事務所としてはまだ、吉澤と直接、接触できていない。

     被害者の2人にまずは直接謝罪をしてから、世間をお騒がせしたことを記者会見してわびるのか、それともいきなり記者会見してわびるのか。会見を開くとしても釈放された日なのか後日なのか……。吉澤本人がどういう思いなのかわからないため、所属事務所は決めあぐねている状態です」

     情報番組デスクがそう伝えてきます。

     写真週刊誌『フライデー』が報じたドライブレコーダーのスクープ動画により、吉澤が嘘をついていることが白日の下にされされたことも、事務所の目算を狂わせました。

     酒量も当初の供述とは違い、増えている。事故直後、駐車スペースがなかったという供述も嘘。世間の風当たりは強く、「被害者との示談もまだこれから」(前出・情報番組デスク)というありさまです。

     事故の映像が報道された直後、事務所幹部は「まさか、こんなものが流れるとは……」と言葉を失っていました。同時に「吉澤には、すべてを打ち明け、捜査に全面協力することを第一に考えてほしい」と祈るようにつぶやきました。

     釈放されることによって、吉澤には世間の風当たりがダイレクトに伝わります。所属事務所が防風林になれるかどうか。

     明らかなことは、吉澤がしばらく芸能活動を謹慎するということ。それ以上のことはすべて未決定といいます。 

     芸能事務所関係者は、

    「吉澤から契約解除の申し出があったとしても、すぐにはそうできない。メンタルが弱っているという話も届きます。突き放してもバッシング、かばい過ぎてもバッシングですから、事務所はまさに板挟み状態です」

     交通事故で2人を巻き込み、事故後にさらに多くの人を巻き込んだ“ひき逃げ犯”となってしまったヨッシー。勾留期限が近づき、関係者の憂鬱(ゆううつ)は増すばかりです。

    <取材・文/間垣ジェーン美瑠>

    2018年9月23日 21時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15348112/

    写真no title

    参照元:2ch.sc

    【<吉澤ひとみ容疑者の釈放に怯える所属事務所>刑事事件の対応に頭を抱える?かばうも地獄・突き放すも地獄... 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/09/24(月) 01:30:43.78 ID:CAP_USER9
    ●「半分、青い。」と「きぼむす」佐藤健キスシーンの明と暗

     19日放送の朝ドラ「半分、青い。」(NHK)でのキスシーンが物議を醸している。

     ヒロインの鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)がいろいろあって現在バツイチ同士、共同経営者になってそよ風が吹く扇風機を開発中だ。早朝、鈴愛が出勤するとそこにはソファで仮眠する律の姿が。その寝顔に思わずキスをしようと顔を近づける鈴愛。

     唇が重なる直前に律が目を覚まし、鈴愛の手を取って「おはよう……入る?」とくるまっていた毛布のなかに誘い、後ろからギュッと抱きしめる。「律は温かい」と鈴愛。姿勢を変えて向かい合い、今度は律が鈴愛にキスをするというもの。

     見ようによっては美しいともいえるが、「見るに堪えない」「吐き気がする」「不愉快」と批判的な声が圧倒的。役柄の2人が40代という設定なので「中年同士がキモい」とか、「仕事場で発情するな」「最後までプラトニックでよかったのに」という意見も。

    「高視聴率だが、そもそもこのドラマ自体、何がしたいのかわからないと批判の方が多く、本来なら鈴愛と律がようやく結ばれたかと共感を呼ぶはずですが、逆効果になりました。先日、最終回を迎えた『義母と娘のブルース』では佐藤健が別れ際、綾瀬はるかのおでこにチュッとキスしたのですが、あれはよかったと共感を呼んでいます。同じ佐藤健でこの違い。露骨なのがいいとは限らないということでしょう」(ドラマウオッチャー)

     脚本家自らせっせとSNSに投稿、視聴者の興味を引っ張ってきた朝ドラだが、朝からちょっとやり過ぎだった!?


    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15346128/
    no title

    参照元:2ch.sc

    【<朝ドラ「半分、青い。」(NHK)>キスシーンが物議!「見るに堪えない」「吐き気がする」「不愉快」と批判的な声が圧倒的 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/09/22(土) 19:39:09.79 ID:CAP_USER9
    歌手の和田アキ子(68)が22日放送のニッポン放送「アッコのいいかげんに1000回」(土曜・前11時)に生出演し、元「モーニング娘。」のメンバーで、6日に酒気帯びでひき逃げしたとして道交法違反容疑などで逮捕された吉澤ひとみ容疑者(33)について言及した。

     吉澤容疑者は警察に「駐車している車が多くて停車できなかった」と供述しているというが、写真週刊誌「FRIDAY」デジタルが配信した映像には、駐車車両は映っていなかった。

     ドライブレコーダーの映像を見たという和田は「トラウマであまり言いたくないんだけど、私も2000年に横断歩道で車にひかれているんですよ。彼女の映像を見ると、あと2、3秒でひょっとしたら横断歩道を渡っている高校生が頭を打っていた」と話し、吉澤容疑者が事故から15分後に警察に自ら通報したことについて「15分たった後に来るとは何事みたいな」と嫌悪感を示した。

     さらに「アルコール検査では、例えば今飲んでいましたという人たちよりも多い基準なんですってね。気をつけて欲しい」と断じた。

    2018年9月22日 13時53分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15343104/
    no title

    参照元:2ch.sc

    【<和田アキ子>吉澤ひとみ容疑者の事故映像に嫌悪感!「私もひかれたことがある」 】の続きを読む

    このページのトップヘ