2018年02月

    1: 名無しさん 2018/02/16(金) 12:27:19.30 ID:CAP_USER9
    https://www.oricon.co.jp/news/2105677/full/
    2018-02-16 12:00

    2018年度後期に放送される、NHK連続テレビ小説の99作目『まんぷく』のヒロイン役に、安藤サクラが選ばれた。
    現在31歳、昨年6月に第一子を出産した安藤は、朝ドラ史上初となる“ママさんヒロイン”だ。
    大阪で子育てをしながら撮影に臨む予定で、これまでの朝ドラになかったタイプのヒロイン誕生に期待がかかる。
    このニュースにちなんで、ORICON NEWSでは、これまでに放送された朝ドラの中から「好きな朝ドラヒロイン」についてユーザー1,000人に意識調査を行った。
    (略)

    【好きな朝ドラヒロイン TOP10】
    1位 あまちゃん/能年玲奈(のん)……20.9%
    2位 あさが来た/波瑠……11.2%
    3位 ひよっこ/有村架純……10.2%
    4位 ちゅらさん/国仲涼子……6.8%
    5位 ごちそうさん/杏……6.1%
    6位 梅ちゃん先生/堀北真希……5.2%
    7位 まれ/土屋太鳳……3.6%
    8位 とと姉ちゃん/高畑充希……3.2%
    9位 花子とアン/吉高由里子……3.1%
    10位 べっぴんさん/芳根京子……2.4%

    【調査概要】
    調査時期:2018年2月2日(金)~2月6日(火)
    調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
    調査地域:全国
    調査方法:インターネット調査

    no title

    参照元:2ch.sc

    【「好きな朝ドラヒロイン」、1位は『あまちゃん』2位は『あさが来た』3位『ひよっこ』 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/02/16(金) 22:26:22.79 ID:CAP_USER9
    蝶野がリング復帰、T2000再集結で武藤組を撃破
    2018年2月16日22時15分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/battle/news/201802160000823.html

    再結成したTEAM2000。左から天山、ヒロ斉藤、蝶野、スーパーJ、AKIRA(撮影・中島郁夫)
    no title


    武藤(下)にイス攻撃する蝶野(撮影・中島郁夫
    no title


    武藤(右)と対峙する蝶野(撮影・中島郁夫)
    no title


    <プロレスリングマスターズ:後楽園大会>◇16日◇後楽園ホール

    黒のカリスマ、蝶野正洋(54)がリング復帰を果たした。

    メインの8人タッグで、蝶野率いるチーム2000と、武藤敬司(55)率いる、長州力、藤波辰爾、獣神サンダーライガー組が対決。セコンドとして登場した蝶野は「みんな年取ってんだこらー! チーム2000こそが、新日本プロレスを支えた。今日の主役はチーム2000だ」と超満員の会場に向かって吠えた。

    試合になると、場外でライガーにパイプイス攻撃。終盤は、エプロンサイドとリング内で、武藤にケンカキックと、全盛期をほうふつさせる動きで会場を沸かせ、天山の勝利をアシストした。試合後、蝶野は「おい、武藤。マスターズはお荷物だよ。こんなつまらないプロレス辞めろ」と武藤を挑発。インタビュールームでは「オレもこういう大会がいいのか悪いのか、はっきり判断ついていない。今日のような4対4の8人タッグは、チームの力がすべて。歴代のチームの中でもチームワークで1番のチームが決めた役割を果たした試合を見せられた」と満足そうに振り返った。久々にタッグを組んだ天山には「もう1回やるとしたら、ボスにリングに上がってほしい」と本格復帰を促されていた。

    一方、敗れた武藤は「(蝶野の)蹴りは効いた。あの一発の蹴りは、離れ離れになった憎しみのすべてがこもっていた一撃だった」と悔しそうに話した。怒りが収まらない長州からは「蝶野がリングに上がるときに声をかけてくれ」と再戦を求められた。

    参照元:2ch.sc

    【【プロレス】蝶野がリング復帰、T2000再集結で武藤組を撃破】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/02/16(金) 17:51:37.83 ID:CAP_USER9
    X JAPAN、英国ウェンブリーベスト・コンサート第1位を獲得
    2018.2.16 15:06
    https://www.barks.jp/news/?id=1000151935
    no title


    X JAPANが、英国ロンドンのウェンブリー・アリーナで開催された最も優れた公演に与えられる賞『2017年度 SSEアリーナ・ライブアワード』で見事第1位に輝いた。

    2017年に英国ロックの殿堂ウェンブリー・アリーナ(現・SSEアリーナ・ウェンブリー)で行われたイベントを対象にしたこの賞に世界中の音楽ファンから100万を超える票が集まる中、
    2017年3月4日に行われたX JAPANのライブ<X JAPAN LIVE 2017 at the WEMBLEY Arena in LONDON>が最多票の36万票を集め、Queenら世界で活躍するアーティストを抑え2017年の王者となった。

    本公演はX JAPANにとっても過去最大のイギリス公演となり、キュメンタリー映画『WE ARE X』の特別バージョン放映後「RUSTY NAIL」に始まり、
    「HERO」「JADE」「Born To Be Free」「X」「ENDLESS RAIN」や映画『WE ARE X』のテーマソングである「La Venus」など全23曲が披露された。
    また、QUEENの「Bohemian Rhapsody」やDavid Bowieの「Space Oddity」をYOSHIKIがピアノ演奏するというサプライズも行われた。

    YOSHIKIは今回の受賞について「ファンの皆様の応援に感謝しています。この様な賞を受賞できてとても光栄です。X JAPANは今年米コーチェラでのパフォーマンスを終えたら、
    また近いうちにイギリスに戻って公演したいと思っています。またみなさんに会えることを楽しみにしています。」とコメント。
    また、SSEスポンサーシップ&リワード部長のCOLIN BANKSは「3月に行われたウェンブリー・アリーナのX JAPAN WORLD TOUR、メンバー及び関係者の皆様おめでとうございます。
    本当に素晴らしいコンサートでした、この賞にふさわしい勝者だと思います。」とコメントしている。

    なお、『2017年SSEライブ・アワード』で獲得票数上位となった5組は次の通り。
    1. X JAPAN
    2. Shreya Ghoshal
    3. Sunidhi Chauhan
    4. Queen & Adam Lambert
    5. Hillsong Christmas 2017

    no title

    no title

    参照元:2ch.sc

    【X JAPAN、英国ウェンブリーベスト・コンサート第1位を獲得 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/02/16(金) 17:50:55.47 ID:CAP_USER9
    ローソン/羽生善治竜王、藤井聡太五段が選んだ「コンビニ将棋めし」
    2018年02月16日
    https://www.ryutsuu.biz/commodity/k021616.html

    ローソンは、2月17日に開催される第11回朝日杯将棋オープン戦 準決勝・決勝の出場棋士に昼食を提供する。

    準決勝で、「永世七冠」の羽生善治竜王と藤井聡太五段の公式戦初の対局が実現するなど、注目を集めている勝負の日に、ローソンは数種類の弁当や調理麺、サラダ、デザートなどの商品を昼食として提案。

    羽生善治竜王は、「1/2日分の野菜が摂れるちゃんぽん」(税込430円)、「プレミアムロールケーキ」(150円)。

    久保利明王将は、「これが からあげ弁当」(450円)、「プレミアムロールケーキ」。

    広瀬章人八段は、「日本の恵み 味わい御膳」(1400円)、「プレミアムロールケーキ」。

    藤井聡太五段は、「これが からあげ弁当」、「鶏ささみとオクラのこんにゃく麺サラダ」を選んだ。

    <1/2日分の野菜が摂れるちゃんぽん、これが からあげ弁当>
    no title


    <鶏ささみとオクラのこんにゃく麺サラダ、プレミアムロールケーキ>
    no title

    参照元:2ch.sc

    【羽生善治竜王、藤井聡太五段が選んだ「コンビニ将棋めし」をローソンが第11回朝日杯将棋オープン戦で提供 】の続きを読む

    no title
    1: 名無しさん 2018/02/16(金) 07:44:19.00 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    熱戦が繰り広げられている平昌オリンピック。メダルの期待がかかる日本人選手が続々と登場してくるなか、気に掛かるのは、その期待通りの結果を出せなかったときだ。これまでオリンピックなどのビッグイベントではしばしば、日本人選手がテレビの向こうにいるファンに向けて、涙ながらに謝る姿を目にしてきた。なぜ日本人選手は“謝る”のだろうか? スポーツの勝敗は誰のものなのだろうか? 平昌オリンピックが開催中で、東京オリンピックを2年後に控えている今だからこそ、あらためて考えてみたい。

    期待通りの結果を残せなかったとき、ファンに対して謝るべきなのか?

    日本の選手はお詫びの言葉をよく口にするような気がする。期待通りの結果を出せなかったとき、チームの足を引っ張るようなプレーをしてしまったときに「申し訳ない」と言う。

    私がそんなことを感じたのは、2016年リオデジャネイロのオリンピック・パラリンピックの頃だった。米NBC局が映し出す米国選手は、負けたときでもあまり謝らず、サポートしてくれた周囲、応援してくれたファンに感謝の言葉を述べていた。それと比較すると、日本の選手はよく謝っていた。これは文化の違いから来るものだから、どちらが良くて、どちらが悪い、という種類のものではない。何かをしてはいけない理由を教えるとき、キリスト教文化圏では「神の命令だから」、日本文化圏では「他人に迷惑を掛けるから」とされることが多いことも影響しているだろう。

    それでも、日本の選手が、記者会見で「申し訳ない」と絞り出すのを聞くと、私は心苦しい気持ちになる。スタッフやチームメイトら身近な人に謝りたいと思うのは、当たり前のことかもしれないが、テレビ画面の向こうにいる人たちにも謝らなければならないのか。不祥事の会見でもないのに。

    結果を出せなかった選手がお詫びするのには、それぞれの事情があるだろうが、ここでは、私なりの考えを綴ってみたい。

    報酬系を活性化させるマスメディアの報道

    選手たちは、期待に応えられなかったことを申し訳なく感じているようだ。各競技団体、指導者ら、選手を直接的にサポートしている人からの期待がある。オリンピック・パラリンピック級の大きなスポーツイベントになれば、世間からの期待も膨らむ。

    世間からの期待に少なからぬ影響を及ぼしているのが、マスメディアだ。マスメディアは選手への期待を煽りがちだ。

    人の脳には報酬系というドーパミン神経系がある。報酬系は「心地よい」という感覚を生むための装置だ。例えば、喉が渇いている人が水を飲むと、報酬系は活性化する。実際に水を飲んだときだけでなく、もうすぐ水を飲むことができると想像するだけでも活性化するそうだ。人間は報酬系がゴーザインを出した行動を選ぶようになっているという。

    これをスポーツ報道に当てはめてみる。これから始まる大会で、日本の選手はメダルを獲得できるかもしれない、と期待を込めた文脈で報じる。視聴者、読者は、応援する選手の活躍を想像するだけで、報酬系が活性化されるのではないか。胸躍る瞬間を逃したくないと思い、中継や記事を求めるのではないだろうか。マスメディアは、できるだけ多くの人に試合中継を視聴してもらう、記事を読んでもらうことでビジネスが成り立っている。だから、無意識的であれ、意識的であれ、期待させるような報道になっている。

    敗戦の原因の追求から自らを守る

    しかし、見ている人は、期待していた通りのことが起こらなかった場合には、期待していた分だけ、落胆や欲求不満を感じてしまう。期待外れのがっかりした気分から抜け出したいと思う。そのためには、納得できる敗戦の理由や文脈を必要とするようになる。

    スポーツにかかわらず、何かうまくいかなかったときに、「なぜこうなったのか」と考える。たいていの人は、うまくいっているときには、「なぜうまくいったのか」を自問することは少ないだろう。

    スポーツ報道でも似たようなところがある。選手が勝ったり記録を達成した瞬間には、その理由を報じるケースももちろんあるが、どちらかといえばそれがどれほど価値のあることなのかを強調する傾向が強いようにみえる。例えば、『〇〇種目では日本初の金メダル!』、『史上〇人目の記録達成!』などという表現だ。負けたときには、対戦相手や気候、審判などの外的要因、選手自身の内的要因を挙げ、説明を加えながらソフトランディングさせることが多いように感じる。


    no title

    続きはソース先で
    (VICTORY)- Yahoo!ニュース 2/15(木) 19:40配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00010004-victory-spo

    参照元:2ch.sc

    【【五輪】なぜ日本人選手は謝るのか? 社会学者の論考『選手はもはや「個人」ではない』にみる責任と呪縛 】の続きを読む

    このページのトップヘ